産地紹介

CE-MIX(ビワ葉混合発酵茶)の産地

ビワ葉

ビワの生産量日本一の長崎県。
県内でも有数のビワ産地として有名な三和地区は温暖な気候に海風が心地いい長崎南部にあります。
昔から万能の薬として重宝されるビワの葉は、降り注ぐ陽光と肥沃な土壌の養分を吸収して、色濃く肉厚な葉へと成長します。
CE-MIXに使われるビワの葉は「ビワ葉専用圃場」で農薬を全く使用しない無農薬栽培で収穫された葉を用いています。

 

 

緑茶葉

大村湾を一望する台地を中心に広がる東彼杵(ひがしそのぎ)の茶畑。
長崎県の茶園面積の約55%を占めております。
県内産茶葉の約65%、約500トンが生産され全国的な茶葉の産地として高く評価されています。

 

製茶工場

長崎県内でもトップクラスの生産能力を持つ製茶工場で荒茶にまで仕上げます。
特許製法に基づき、ビワ葉と茶葉を混合発酵させる工程はこの工場で行います。

 

外観

株式会社サンダイ 食品原料事業

〒856-0047
長崎県大村市須田ノ木町858-6
TEL: 0957-54-5150(代表)
FAX: 0957-54-5149
Mail: info@kk-sandai.jp